maikoさん 初ホールコンサート無事終了

2017年09月18日

この36時間くらいで
素晴らしかったホールコンサートの感想、思い出が順次SNSなどに上がっているので
少し一呼吸置いての徒然な思いを綴ろうかと思います

何はともあれ
聴きに来ていただき感謝感謝

それもひとえに
maikoさんの日々の歩みのお陰なのでしょう

そこも含めてみんなもっと聴いた方がよろしい
一個人の
何で音楽をやっているかという根源的な問いに応えようとしてる姿を

服部恵とワタクシが何を弾こうがどんな演奏をしようが
ほとんど関係ないくらいmaikoさんの日々の音楽への真摯な取り組みの結実の一つであったと
自分は思いたい

自主開催でホールをやったから偉いとかではなく(勿論超偉いんですけど!!)
此の時機に会心のホールコンサートを聴かせる彼女の底力と音楽愛に少しでも貢献できて佳い時間が過ごせました

maikoさんお見事でした


コメントを残す

ページ先頭へ戻る

不惑

2017年08月29日

ということで
昨日
40回目の誕生日を迎えました

TReSにもshihoさんにもお祝いしていただき
感謝感謝

ここ数年は誕生日は大体東京以外の地で迎えている気がしております

自分の思う40歳の音楽にしては依然幼稚で未熟であるなと
思い馳せるばかりで反省いたします

孔子は凄いな
惑わずというのは結果論ではなくて意思論なのであったと信じたいところ

惑わされっぱなしも癪なので
せめても自分の音楽を聴いてくれた方が何か幻惑的なものに惑わされるよう
これからも精進していこうと思った次第です


コメントを残す

ページ先頭へ戻る

徒然に

2017年06月03日

二月三月のaudaceツアー
四月のシンクレティアツアーと録音
五月の岩川光duoツアー

なかなか隙のない今年前半が終わり
振り返る暇もなく
恐ろしい早さで時間が過ぎ去って行きました

本当に素敵な時間を過ごすことができてワタクシは果報者であるなと
心底思えます
それに付き合ってくれる音楽家にも十二分に恵まれているおかげでもあります

やりたいことばっかりやってこうやって生きていることは
贅沢なことなのでしょう

生来の我儘と怠惰な性分が災いして
もっとこうすればよかったみたいな
後悔ではないけど反省したいことが山積みなわけで
それなりに消耗もしたのだな
というのが正直な思いです

先賢達の極上の音楽や映画や文章などに触れるたびに深く感銘を受けながらも
自分は一体何が出来てるのかと深く反芻すればするほど
虚ろな思いに駆られることもしばし有る訳です

兎にも角にも
この4ヶ月一緒に音出してくれたミュージシャン、助けてくれたお店の方々、聴きに来ていただいた方々

深く感謝いたします


コメント

  • cerrocom より:

    志宏さんの弾くピアノが好きです。同じライブハウスの同じピアノでも、弾く人によってこんなに違うんだなぁ…と、当たり前のことかもしれませんが、ライブに行くたびに感じています。きっと、弾いている人が大切にしているものが人それぞれだからかなぁ…とか、その人の中に時間をかけて積み重なってきたものがいろいろだからかなぁ…とか、考えてはみますが、聴いている方の感じたことを言葉に換えるのは難しい感じがして、結局のところ、純粋に好きかどうかなんやなぁ…と自分ひとりで納得しています。(すみません、まとまりないコメントで)
    また大阪にも来てくださいね~
    待ってまーす

コメントを残す

ページ先頭へ戻る

2016 Last Symposium 2days御礼

2017年01月02日

初日「陰陽」
二日目「symposium ensemble」

二年目も敢行そしてなんとか無事に終了。。。。。
両日に大盛況のうちに幕を閉じまして聴きに来ていただき感謝感謝

三年目に突入の3celloと一馬duoの対バン

15724905_1203313456421031_5506198076964663690_o

3celloはアルバム「タペストリア」からの選曲は一曲も無いセットリストで臨むという初の試み
しかしながら3人には毎年無理ばっかり言ってしまってますな

8ヶ月ぶりの一馬との共演はそれはもう胸の高鳴る時間
相変わらず一馬は一馬でしか鳴らせない音空間を奏でていたなぁ
五人でのオリジナル「星に架ける」は今の所この時でしか演奏できないので貴重の機会なのです

161230_231151__dsf7832-proc

二回目のアンサンブルにはfluteに太田朱美を加え更に行川さをり、名嘉真祈子をvoiceで一部参加という
もう自分でもどう処理すればいいのか全然解らないままの手探りでしたが
やりたくてしょうがなかった編成で臨みましたよ

161230_205123__dsf1913-proc
161230_222008__dsf7727-1-proc

総勢13人用の新曲「翡翠の地平線」は書き出しから丸々2週間の時間を要する中々の労作となりましたが
この曲にかまけてばかりで去年頑張って書いた曲を掘り下げなかったのはワタクシの指揮能力の欠如、、、、、
大変反省しております

結果は
それはもう聴いてくれた方々にご判断頂きたいです

ワタクシは反省点はもちろんあるのだけどとにかく無我夢中の二日間

不可解な楽曲に真摯に向き合って素晴らしい音を奏でてくれたメンバーの皆様、無理難題を押し付けて極上の音空間を作ってくれるPA羽生田さん、我儘放題ばかりを言うワタクシに嫌な顔をせずにお付きあいしてくれるjz bratの皆様に改めて感謝の言葉を贈りたいと思ってます
161230_231038__dsf7815-proc

やっぱり今年もやりたいなぁ

15799842_965489603585729_587911584510941606_o

あ!!
あけましておめでとうございます


コメントを残す

ページ先頭へ戻る

choreograph リリースツアー 無事終了 御礼

2016年12月16日

<choreograph>リリースツアー第2弾
大盛況のうちに千秋楽を迎えました
酒井さん素晴らしい会場とおもてなしをありがとうございました

佳いパフォーマンスには佳い会場
ギャラリーHasaいうことありませぬ
アコーディオンの低音気持ち良さそうだったな〜
ピアノを運んでくれて調律もしてくれた三ケ田さんにも感謝しかありませぬ

KC4F1730

KC4F1729

広島、大阪、大津、名古屋においてお店の方々、スタッフの方々に大変お世話になりました
しばらく西に足を向けて寝れませぬ

そして聴きに来ていただいた全てのお客様に感謝感謝
のっけから組曲をすべてノンストップで聴かさせられるという暴挙にも万全の集中力で臨んでいただき
ワタクシ感心してました

更に日毎に様子がおかしくなっていく芳明さんに脱帽です
あの表現力と音の飛翔感についていくのが精一杯
この一年間沢山一緒に音出してくれてありがとう

なんとなく名付けた「夢幻舞踏組曲」が舞踏会を開催したりツアー二回出来たりする形に結実していくのは
思いもよらぬ事の連続

全てが素敵な「邂逅」

15400485_1004715992966156_12726277057919727_n

その「邂逅」のきっかけになった
淑さん
本当にありがとう

o4608345613821715296


コメントを残す

ページ先頭へ戻る